巨大乳頭の原因とは?

乳頭 形 巨大

 

この原因にはいくつかのものがあります。

 

まず赤ちゃんへの授乳によって大きくなってしまったケース、
そして遺伝的な要素があるために、生まれつき大きいケースです。

 

前者の場合は、妊娠し授乳のころになると赤ちゃんにおっぱいをあげるためです。
当然赤ちゃんには乳首を吸わせないといけません。
一番最初は母乳を必ずあげないといけない、という話もあります。

 

もちろん、母乳の出が悪い人もいます。
やむなく、ほぼミルク(哺乳瓶)で補っている人もいますが、殆どの人は母乳からあげているはずです。

 

そのためこういったバストの形の変化に悩んでしまう人が多いといえます。
この変化は妊娠などによる女性ホルモンの影響でもあります。

 

たとえば母乳を吸いやすいようにであったりなど理由は様々ですが、赤ちゃんのために体が変化してくれるのです。
それでも、母乳をあげる頻度などで、左右の大きさが違ってしまうなどの悩みにもつながる事もあります。
体の形が急に変わってしまうと不安を覚えるのは当たり前のことです。

 

後者の場合ももちろんです。遺伝的な要素とわかっていてもつらいものです。
これは、隔世遺伝という場合もありえます。

 

手術で治したいという人もいるかもしれませんが、後の影響を考えるとあまり良いとは言えないでしょう。

巨大乳頭を小さくするには?

乳頭 形 巨大
体全体を含めて、胸の形も当然人によりさまざまと言えます。
乳頭やバストの大きさが人と比べて違うからと言って、悩む必要はありません。

 

ですが、ある程度の大きさが日本人には理想的なものとされている風潮もあります。
自分が気にしないのが一番です。

 

しかし人の目が一度気になってしまったら、デリケートゾーンの黒ずみのように(デリケートゾーン 黒ずみ クリーム)悩んでしまう人もいることでしょう。

 

授乳時や妊娠の影響で乳頭が大きくなってしまった場合は、その時期が過ぎることで、胸や乳首も元の形に戻るケースも少なくありません。
その場合は心配ないのですが、時期が過ぎても戻らないという悩みを持っている人もまた、少なくないのです。

 

この場合でも先天的な事が関係している可能性があるかもしれません。
改善の方法は全く無いとは言えません。

 

前述の手術は、あまりお勧めできない方法ではありますが、手段の一つでもあるでしょう。

 

しかし、もっとも良いのは、自分の力で視覚的なバランスを整えることではないでしょうか。

 

それはバスト自体を大きくすることです。
バストが大きくなれば、おのずと大きな乳首も目立たない方向に向かっていくことでしょう。

 

しかもスタイルも良くなり、一挙両得です。

 

その為にはやはり大胸筋などを鍛えるエクササイズや、食習慣などを意識することです。
たんぱく質やイソフラボンなどはその助けになってくれることでしょう。
あとは、デリケートゾーンの黒ずみ(乳首 ピンク 方法)に近づけることも目立たなくする方法の一つでもあります。
バストアップケアと乳首の黒ずみケアを同時にすることで、目立たなくなるのはもちろん、美乳になるので試してみてはいかがでしょうか?